カンジダ対策にヨーグルト。効果的な乳酸菌の利用方法とは

カンジダと言うと、やはり女性が悩まされるタイプのものが中心の話題になります。いわゆる性器カンジダ症なのですが、多くの女性が一生に一度はかかると言われています。

性感染症の一部にカウントされることもありますが、もともと原因菌は人間の体に常在しているものですから、必ずしも性感染症と言えるものではないのです。

これに乳酸菌が有効であるということは世間でよく言われていますが、果たしてどのように利用すれば効果的なのかを探ってみましょう。

性器カンジダ症は健康であれば発症することはめったにない

性器カンジダ症の原因菌は、アルビカンス種を中心としたカンジダ属真菌です。真菌というのは細菌の仲間ではなく、カビや酵母の一種だと考えてもらえればいいでしょう。

カンジダ菌は人間の皮膚表面や腸の中、女性の膣の中に常在している無害な菌です。しかし、何らかの事情で免疫力が落ちると異常増殖してカンジダ症を引き起こします。これを日和見感染症といいます。

もちろん男性にも発生する可能性がないわけではありませんが、性器カンジダ症に関しては、構造上の問題でカビの仲間であるカンジダ菌は増殖しにくく、男性での発症はまれです。

カンジダ症はまず受診して治療するのが一番

カンジダ症の特徴的な症状は、かゆみ・熱く感じる痛み・臭い・酒粕やヨーグルトのような白いおりものです。こうした症状が気になったら、まずは婦人科を受診して、顕微鏡でカンジダ菌の増殖がないかを確認してもらいましょう。

デリケートな場所の病気だけに、受診することに精神的な抵抗感があるとは思いますが、まずは女性のお医者さんが診ておられる婦人科を選ぶことで、少しは気が楽になるでしょう。

また、もともと人間の身体にいる常在菌が、免疫力低下によって暴れだしているだけですし、そのことはお医者さんが一番良く知っていますので、恥ずかしい病気だなどと考える必要は全くありません。

例えば、口の両端が荒れて炎症を起こし、痛みが出たりかさぶたができたりする「口角炎」と言うものがあります。経験のある人も多いでしょう。あれは別名カンジダ性口唇炎と言って、同じカンジダ菌による皮膚病です。

口角炎は、顔にできるだけに格好悪いですが、恥ずかしいということはあまりないですよね。同じ原因菌ですから、性器カンジダ症についても恥ずかしくない病気だと考えて受診して下さい。

治療にはさまざまな剤形のお薬が使われる

性器カンジダ症と診断された場合、まず抗真菌剤が用いられることが一般的です。抗真菌剤は、塗り薬・飲み薬のほか、患部に直接挿入する膣座薬・膣錠もよく用いられます。

特に若い人などで、こうしたお薬に抵抗がある場合は、あらかじめお医者さんに相談して、他のタイプの薬で代替できないか聞いておきましょう。多くの場合6日~2週間ぐらいの投薬治療で完治します。

一方、一旦治ったと思っても再発する人も少なくありません。これはもともとカンジダ菌が常在菌であることと関係があります。一旦症状が治まったとしても、生活習慣などによって免疫力が低下していると再発は充分起こり得ます。

また、何らかの基礎疾患が隠れていて、それが悪影響を及ぼしていることもありますから、再発したら、必ず再発であることを伝えて受診し、しっかり調べてもらって下さい。

デリケートな部分の病気は受診がためらわれるものですが、治療開始が遅れれば遅れるほど治療にも時間がかかることになります。勇気を出して受診して下さい。

ヨーグルトを塗るのは効果がない?

デーデルライン桿菌という乳酸菌群が膣の中を清潔に保っているということはよく知られていると思います。そのためか、乳酸菌を使ったカンジダの治療法というものもよく見聞きします。

これに効果がないとか、悪影響があるとかいうことはあまり見かけません。かと言って、必ず良い効果があるということも言い切れないのです。受診して原因を確定した時にでもお医者さんに相談してみて下さい。

デーデルライン桿菌の主役はアシドフィルス菌ではない

デーデルライン桿菌と言うのは、女性の膣の中に常在している乳酸菌を中心とした善玉菌のことです。腸内細菌の善玉菌とは異なり、デーデルライン桿菌が膣内菌叢に占める割合は、7割から場合によっては9割以上と言う、圧倒的なものになっています。

また、ビフィズス菌も多少は含まれているものの、ほとんどがラクトバチルス属乳酸菌です。詳しいことについては関連記事を見て下さい。

▼関連記事
デーデルライン桿菌でカンジダ予防。増やして膣環境を清潔にする方法

詳しいことは上のリンク先を見てもらうとして、そもそもデーデルライン桿菌が見つかった当初はラクトバチルス属アシドフィルス種(通称:アシドフィルス菌)が中心的な存在だと考えられていました。

しかし、その後アシドフィルス種は6種に再分類され、新分類でのアシドフィルス種は、中心的な存在ではなくなっています。

このイメージのズレもあってのことだと思いますが、新ビオフェルミンS錠を膣錠の代わりに挿入して、カンジダ症を治療するという民間療法をネット上などでよく見ます。

新ビオフェルミンS錠は、日本で最も有名な整腸薬と言っても過言ではないと思いますが、ビフィズス菌やフェカリス菌と同時に、アシドフィルス菌KS-13株が配合されています。

それが効果を発揮するのではないかと期待されているのだと思います。実際、デーデルライン桿菌の中には、今でもアシドフィルス菌がいることは間違いありません。

しかし、現在ではクリスタパス種に再分類された、過酸化水素を作り出すことで強力な殺菌力を持った乳酸菌のほうが支配的ですし、病原菌を押さえ込む力も強いと思われます。

ですから、新ビオフェルミンSに効果がないとは言いませんが、効き目は限定的じゃないかと思います。

ヨーグルトをクリーム剤代わりに使う人もいるけど…?

ヨーグルトを患部に塗り込むことで、デーデルライン桿菌を増やし、カンジダを押さえ込もうとする人もいるようです。デーデルライン桿菌の中にはラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種(通称:ブルガリア菌)もいます。

ブルガリア菌はヨーグルトを作り出している中心的な乳酸菌ですから、それを期待しているのでしょうね。また、ヨーグルトでおなじみのラクトバチルス属ガッセリー種(通称:ガセリ菌)も、デーデルライン桿菌の中にいます。

とは言うものの、ヨーグルトを塗り込んだことでデーデルライン桿菌が活性化したり、菌の数が増えたりするのかどうかはわかりません。よく効いたと言う情報もあるようですが、はたして万人向けなのかどうかは定かでありません。

試してみるのはかまわないと思いますが、まずはお医者さんで症状を確認してもらい、カンジダ症であることがわかったら、そういった民間療法にチャレンジしてもいいかどうかの判断を仰いで下さい。

アルカリ性の石鹸や洗浄剤を避けたり、洗いすぎを防いだりするだけでも症状はましになるかもしれません。基本的なお手入れ方法をお医者さんに教えてもらいましょう。

ヨーグルトで乳酸菌を食べたほうが効果があるかもしれない

もちろん症状が出てしまったら、お医者さんで治療を受けることが原則ですが、乳酸菌を利用して予防改善するなら、ヨーグルトなどを外用するより、普通に食べたほうが効果的かもしれません。

カンジダ症は、栄養不良や免疫力低下で起こる、体内常在菌による日和見感染症です。つまり、栄養状態や免疫力を保っておけば、かかりにくく治りやすいとも言えるのです。

ヨーグルトは栄養状態を改善する

近ごろではダイエットなどで栄養状態が悪くなって、病気にかかりやすくなっていると言う人もいるようです。ダイエットで病気になったのでは本末転倒もいいところなのですが、意外に少なくないようですね。

ヨーグルトは牛乳より消化しやすく、栄養価的には牛乳と同等ですから、気軽に摂れる栄養補助食品です。普段の食事に100gほど加えてみるのが良いでしょう。

カロリーも気にするほどではありません。100gあたり60kcal前後と、ダイエットのじゃまになるようなレベルではありませんしね。

ヨーグルトは免疫力を上げる

ヨーグルトに含まれている乳酸菌や、乳酸菌が殺菌されたものや、乳酸菌が作り出した成分には、腸で免疫力をアップしてくれるものが含まれています。

生きて腸まで届く乳酸菌は、小腸で乳酸を作り出して悪玉菌を押さえ込み、大腸でビフィズス菌の増殖を助けてくれます。

死んでしまった乳酸菌は、その菌体成分、特に細胞壁と核酸の成分が小腸のパイエル板などのリンパ組織で免疫細胞に働きかけ、免疫力をアップしてくれます。

このことは胃酸で殺菌されてしまった乳酸菌だけでなく、あらかじめ加熱殺菌されたものであっても、同じような効果が期待できますので、お菓子や加工食品に練り込まれたものも悪くありません。

さらに、カスピ海ヨーグルトの粘り気や、明治プロビオヨーグルトR-1の乳酸菌が作る成分は、菌体外多糖と呼ばれ、それが腸の中で免疫力アップに貢献してくれます。

このように、ヨーグルトや乳酸菌を含んだ物を毎日摂る習慣を付けることで免疫力がアップしますから、本来身体に害をなさない常在菌であるカンジダ菌による日和見感染を予防改善できるでしょう。
風邪を引きやすいと言う身体状態は、免疫力の低下を示唆しています。ダイエットもほどほどにしておきましょうね。

即効性のある治療はお医者さんに任せ、自分は発酵食品を食べる習慣をつけよう

もちろんぬか漬けなどの発酵漬物のように、植物性の発酵食品も免疫力アップには役立ってくれます。カンジダ症に悩んだ時は、医療機関で治療を受けると同時に、発酵食品を食べる習慣をつけて下さい。

発酵食品による免疫力のアップには、8週間から12週間ぐらいかかることが多いようですので、即効性は全くありません

ですから、即効性のある治療はお医者さんに任せて、自分では、まず常在菌による日和見感染症のような物にかからないよう、普段の食生活・生活習慣を改めることがおすすめです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る