L92乳酸菌は免疫アップ効果がある!でもヨーグルトには使われない


カルピスから発売されているサプリメントの「アレルケア」商品や、清涼飲料水の「守る働く乳酸菌」に配合されているL-92乳酸菌は、免疫力をアップし、アレルギーを軽減する効果が謳われています。

この乳酸菌は、ヨーグルトなどの発酵食品に使われているものはそれほど多くないので、同種の乳酸菌は整腸剤などから摂るか、比較的レアなヨーグルトなどを探すかのいずれかが中心になるでしょう。

もちろん同株の乳酸菌は、カルピスとその親会社のアサヒ飲料の商品だけに使われています。

L-92乳酸菌はインフルエンザ予防など免疫力アップに役立つ

L-92乳酸菌の本名は、ラクトバチルス属アシドフィルス種(通称:アシドフィルス菌)L-92株です。L-92株はカルピスが自社の研究で見出した菌株ですので、カルピス製品にしか含まれていません。

また、カルピスそのものには含まれていない乳酸菌です。アシドフィルス菌は、一部のヨーグルトや整腸剤に使われていますが、それをアピールポイントにしている商品はあまり見受けられません。

L-92乳酸菌は殺菌菌体成分が効果を発揮する

カルピスが製造しているサプリメント「アレルケア」は、L-92乳酸菌の菌体成分が持っている免疫調整効果を、サプリメントの効果として利用した商品です。

▼アレルケア
アレルケア商品イメージ

多くの乳酸菌で見られるように、乳酸菌の細胞壁や核酸と言った菌を構成する菌体成分は、腸の免疫システムに働いて免疫力をアップすると同時に、免疫のバランスを調整してアレルギー症状を軽減します。

このアレルケアと言う商品名から見ても、アレルギー症状の軽減を中心に考えているようですね。

さて、ここでちょっと難しい説明をします。読むのが面倒は人は下の囲み枠のところまで飛ばしてもらっても結構です。

人間の免疫システムは複雑で、さまざまなメカニズムが外来のウイルスや細菌などから人間の身体を守っています。アレルギーなどの症状として現れる「炎症」も、本来は外敵をやっつけるためのメカニズムの一つなのです。

人間の免疫系で大きな役割を持つ白血球の一つに、リンパ球というものがあります。このリンパ球は有名なナチュラルキラー細胞の他、感染した経験から免疫を獲得する際に活躍するT細胞とB細胞に大別されます。

さらに、このT細胞にも複数の種類がありますが、今回の話題に関係してくるのは、他の免疫細胞の働きをサポートするヘルパーT細胞です。そのうち、Th1細胞は細胞傷害性T細胞やマクロファージを活性化して免疫力をアップさせます。

一方、Th2細胞は主に抗体を作り出す働きを持っていて、その働きの中でIL-4と言う物質と大きな関わりを持っています。このIL-4はアレルギー反応と密接な関係があります。

現代に暮らす私たちの体内では、Th1/Th2のバランスが、どちらかと言うとTh2よりに偏ってしまっているため、アレルギーを起こしやすくなっています。

L-92乳酸菌の菌体成分は、このTh1/Th2のバランスをニュートラルに戻す効果を持っているのです。この効果はL-92乳酸菌にだけ見られるものではなく、アレルギーに有効な乳酸菌では比較的共通して見られる働きです。

免疫力アップも共通のメカニズムから?

乳酸菌の効果として取り上げられることが多い、「インフルエンザなどの予防」について、このL-92乳酸菌も有効であることが知られています。

L-92乳酸菌は、Th1/Th2バランスをTh1よりに傾けることで元のバランスを取り戻すわけですが、Th1には外来のウイルスに感染したりがん化した自分の細胞を破壊する、細胞傷害性T細胞を活性化する働きがあります。

また、外来の病原体や破壊された自分の細胞を「食べて始末する」マクロファージも、Th1によって活性化されます。そうしたことから、免疫力の向上につながると考えても良いでしょう。

おそらく、ナチュラルキラー細胞も活性化されて、侵食された自分の細胞を足場にウイルスがはびこるのを防いでくれているとも考えられます。

イメージで判断するのはやめよう

このL-92乳酸菌に限らず、さまざまな製品で「殺菌された乳酸菌」が利用されています。一方、世間一般には「殺菌した乳酸菌に効果があるのか?」と言う疑問がまだまだ存在するようです。しかし、少し考えを巡らせばこうした疑問は湧いてこないはずです。

もともと乳酸菌やヨーグルトが健康に良いというイメージが持たれたのは、19世紀から20世紀初頭に活躍した免疫学者のメチニコフ博士が、ブルガリアのヨーグルトに注目したことに端を発しています。

昔からヨーグルトをよく食べる地方の人に長寿の人が多いということが、経験則的に知られていたわけですね。しかし、その時代の一般人が「乳酸菌が生きて腸まで届く」ということを意識できるはずがありません。

つまり、昔の人は生きた乳酸菌も死んだ乳酸菌も、牛乳を美味しく日持ちさせてくれる、役立つ物質として使っていたにすぎないのです。それどころか、研究者ではない一般人にとっては乳酸菌という意識すらなかったでしょう。

それでも、乳酸菌による発酵食品を摂っていた人々は健康で長生きだったわけです。

今でこそ「生きて腸まで届く乳酸菌」と言うキャッチコピーで、生きた菌のほうが良いようなイメージが作られていますが、考えようによっては死菌のほうが、免疫システムに影響する成分を取り出すのに、殺菌する手間が不要で効果的とも言えるのです。

土用の丑の鰻のようなものですね。本来鰻の旬は脂の乗る冬です。鰻がまずくて売れない夏の土用に、鰻屋の店頭に「本日土用丑の日」と書いて張ったらよく売れたというのと似ています。真偽の程は定かではありませんが。

アシドフィルス菌は欧米ではメジャーな乳酸菌

日本ではどちらかと言うとマイナーなアシドフィルス菌ですが、国際食品規格のCODEXには発酵乳として、ヨーグルト・代替菌ヨーグルト・ケフィア・馬乳酒と並んで、アシドフィルスミルクと言うものが規定されています。

これは発酵菌にアシドフィルス菌を使ったもので、製品1g中に最低1000万個のアシドフィルス菌が入っていることを要求しています。こうした規定ができるほどアシドフィルス菌はメジャーな存在なんですね。

アメリカでは乳糖不耐の人がよく利用している

アシドフィルスミルクは発酵乳ですから、普通に考えればヨーグルトのように固まっていそうに思いますが、実際のところは多少テクスチャは変わるものの、ミルクとして飲める状態のことが多いようです。

製品化されたアシドフィルスミルクは、アメリカのスーパーではごく普通に販売されています。ざっと見た限りでは0.5ガロン(約1.89L)入りの物が多いようですね。

▼アシドフィルスミルク
アシドフィルスミルクの商品イメージ
(出典:Best Acidophilus Milk Brands & Where to Buy)

解説されているサイトを見ると、2017年にAmazonが買収した高級食品スーパーの”Whole Foods Market”や、日本でも西友ブランドでおなじみの”Walmart”などで普通に買えると案内しています。残念ながら、日本の西友では見たことありませんが。

アメリカでは乳糖不耐の人が、お腹を壊さずに飲めるミルクと言う扱いで飲まれることが多いようですね。ヨーグルトほどではないものの、発酵香と酸味がある、牛乳よりコクのある飲み物として一般的であるようです。

また、アメリカではギリシャスタイルのヨーグルトが人気のようですが、逆に飲み物として気軽に摂れる発酵乳と言う位置づけで、健康的なドリンクという扱いでもあるようです。でも、低脂肪ながら加糖タイプが多いですね。

特に、乳糖だけでなく乳たんぱくもある程度アミノ酸に分解されていることから、吸収が良いということもポイントです。

欧米では、クリームからバターを取った残りの液体をバターミルクとして飲む習慣があります。今ではあまり作られない伝統的なものは、牛乳に含まれる乳酸菌で、少し酸味を帯びています。

今は「カルチャード・バターミルク」と言って、低脂肪乳にストレプトコッカス属ラクティス種やブルガリア菌などの乳酸菌を加えて少し発酵させたものが一般的です。

アシドフィルスミルクは、イメージ的にその延長上にあるようです。菌が異なるだけと言っても良いのかも知れません。

また、等電点と呼ばれる、牛乳においてはpH4.6と言う数値まで酸性に傾いていない場合、牛乳は固まりませんので「ミルク」と呼ばれるのに違和感のないテクスチャだと思います。

アシドフィルスミルクは自作もできる

日本でも手作りヨーグルトのサイトがあるように、アメリカではアシドフィルスミルクの作り方を紹介したサイトもあります。基本的にはスターターを購入して牛乳に混ぜ保温するだけという、ヨーグルトと全く同じ作り方を推奨しています。

ヨーグルトになってしまいそうな気もしますが、「固まっちゃったらヨーグルトとして食べればOK」と言う、いかにもアメリカ人らしい大雑把さで解説しているところが魅力的です。

また、種菌が入手できない場合は、アシドフィルスミルクや、アシドフィルス菌を含んだヨーグルトをスターターに使うように案内しています。

培養方法は、50℃のお湯を入れた保温容器で、内容器に牛乳とスターターを入れ、24時間発酵させたあと冷蔵と言うことです。

普段ヨーグルトを自作している身としては、これはあまりにアバウトすぎるような気もします。アシドフィルス菌は確かに温度変化に強い菌ですが、上手く行くのでしょうか。

もしかすると、温度管理を大雑把にすることで発酵が進みすぎず、ヨーグルトにはなってしまわないのかも知れませんが、そのあたりは未知数です。

日本にもアシドフィルスミルクがあった

探してみたら、愛知ヨークという会社がアシドフィルスミルクを製造販売していました。北九州ヨークと言う会社でも製造販売しています。

▼アシドミルクPLUS
アシドミルクPLUS商品イメージ
(出典:アシドミルクPLUS|愛知ヨーク株式会社)

学校給食などでも利用される、飲むヨーグルトという位置づけです。アシドフィルス菌の他、ラクトバチルス属カゼイ種も配合されています。通販で買い求めることができます。

○○ヨークという会社は結構たくさんありますが、資本関係などがどうなっているのかはよくわかりません。ピルクルでおなじみの日清ヨークは、資本関係はないものの、かつて協力会社関係にはあったようです。

スーパーなどでは見かけないので、あまり意識したことはなかったのですが、探せばあるもんですね。

アシドフィルス菌と言えばビオフェルミン

アシドフィルス菌は、新ビオフェルミンSに含まれる乳酸菌の一翼を担っています。KS-13株というビオフェルミンの菌株は、小腸に棲みついて増殖するとされています。

とは言うものの、ビオフェルミンの菌だけでなく、もともとアシドフィルス菌は人間の常在菌ですから、割合定着しやすい菌だと言うことができるでしょう。

ビオフェルミンのような整腸剤だけでなく、ヨーグルトにも使われているものがあります。

オハヨー乳業は自社乳酸菌株を持っている

オハヨー乳業が製造販売している「たっぷり生乳ヨーグルト」は、逆浸透膜というフィルターを使って水分を減らした濃厚な牛乳に、アシドフィルス菌L-55株を植えて発酵させたヨーグルトです。

▼生きて腸まで届くL-55乳酸菌 たっぷり生乳ヨーグルト

(出典:生きて腸まで届くL-55乳酸菌 たっぷり生乳ヨーグルト|オハヨー乳業)

乳酸菌についての詳細な解説はありませんが、アシドフィルス菌L-55株を用いているということから、整腸効果や、場合によっては免疫調整効果がある可能性はありますね。

湯田牛乳公社の物はビフィズス菌の脇役

岩手県の株式会社 湯田牛乳公社が製造販売している「プロバイオティクス まろやかヨーグルト いわての生乳100% プレーン」は、ビフィズス菌BB-12株を使用していることをアピールしています。

▼プロバイオティクス まろやかヨーグルト いわての生乳100% プレーン
プロバイオティクス まろやかヨーグルト いわての生乳100% プレーン商品イメージ

BB-12株はデンマークのクリスチャン・ハンセン社が持っている菌株で、サプリやヨーグルトによく使われています。しかし、ビフィズス菌だけではヨーグルトはできませんから、他の菌も使われているでしょう。

アシドフィルス菌はLA-5株と言う、これもまたクリスチャン・ハンセン社の物が使用されています。公式サイトではビフィズス菌の方を強くアピールしていて、アシドフィルス菌は脇役扱いです。

デンマークヨーグルトという会社のデンマークヨーグルト

デンマークヨーグルトには飲むタイプと食べるタイプがあります。飲むタイプは加糖製品ですが、食べるタイプには加糖タイプと無糖タイプがあります。

▼デンマークヨーグルト
デンマークヨーグルト商品イメージ

これには、上で紹介したデンマークのクリスチャン・ハンセン社の菌株が3種類使われています。アシドフィルス菌FK-205株とラクトバチルス属サーモフィルス種(通称:サーモフィルス菌)FK-303/305株がヨーグルトを作っているようですね。

ブルガリア菌の表記がないので、CODEX規格で言うところの「代替菌ヨーグルト」に相当するものなのでしょう。代替菌ヨーグルトは、ブルガリア菌の代わりにラクトバチルス属のいずれかの菌と、サーモフィルス菌で作ったヨーグルトという規格のものです。

さらに、そこへビフィズス菌FK-120株が加えられたのがこの製品です。

デンマークヨーグルトは日本・デンマーク外交関係樹立150周年の公式スポンサーに名を連ねています。150年前というと慶応3年、歴史を感じますね。

世界的にはメジャーなのに日本では今ひとつなアシドフィルス菌

世界的には伝統的によく使われている菌なのに、日本ではあまりアピールされることが少ないアシドフィルス菌ですが、ほかの乳酸菌に見劣りしない効果の数々が期待できます。

カルピスのアレルケアはもちろん、アシドフィルスミルクや、アシドフィルス菌を使ったヨーグルトを見かけたら、一度試してみて下さい。身体と好みに合えば儲けものですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る