NK細胞を活性化させる乳酸菌!免疫力をあげるヨーグルトをご紹介

ナチュラルキラー細胞、略してNK細胞と呼ばれる免疫細胞は割合有名になりましたね。

この免疫細胞は身体の中でトラブルを起こしている体細胞を処理して、身体全体に悪影響を及ぼさないようにする働きを持つ、「自然免疫」と呼ばれる免疫系を担当する細胞の一つです。

このナチュラルキラー細胞が乳酸菌によって活性化されることが知られています。


【免疫の説明】人間がもつ免疫には自然免疫と獲得免疫がある

私たちが普段免疫という言葉を耳にすると、まず思い浮かぶのがインフルエンザの予防注射ですね。あるいは子供の頃にかかることが多い「はしか」を連想する人もいるでしょう。

いずれも、病原体に感染することで体内にその病原体を迎え撃つ体制が整えられ、2度目以降の感染が起こった際には発病しなかったり、しても軽症で済んだりするというものです。

では、一度も感染したことがない病原体に対して、私たちの身体は無防備なのでしょうか。そんなことはありません。準備が整っていない分、多少手間取ることもありますが、ちゃんと免疫作用は働くのです。

病原体は記録される

一度でもその病原体に感染すると、免疫システムは専門の免疫細胞を使ってその菌体成分を記録します。そして、それを攻撃を担当する免疫細胞に提示することで素早く確実に病原体を排除できるのです。

これを「獲得免疫」と言い、この働きを利用したのが予防接種なのです。一方、免疫寛容によって「この異物は排除しなくていい」とされているもの以外は、すべて見境なく攻撃して排除するのが「自然免疫」です。

つまり、獲得免疫がない病原体に対しても、感染が起こったらすぐに攻撃して排除に取り掛かり、免疫システムが菌体成分を記録して、獲得免疫が働くまでの間支えてくれるのが自然免疫なのです。

しかし、これだけでは免疫力は不充分です。例えばウイルスに入り込まれて、ウイルス繁殖の培地にされてしまった細胞や、がん化してしまって自分の細胞でありながら害になるものも取り除かなくてはいけませんね。

ナチュラルキラー細胞は細胞傷害性T細胞とペアを組む

細胞傷害性T細胞というのは、獲得免疫によって「この目印を上げている細胞を攻撃しなさい」と言う命令を受け取って働きます。体細胞はがん化したりウイルスに入り込まれたりすると、自分を攻撃するように目印を上げるのです。

そのおかげで、がんが広がったり、ウイルスが増殖したりということを食い止められると言うわけですね。ところが、がん化や感染によって、その目印を上げる部分そのものが壊されてしまうことも起こります。

すると、その目印を上げる部分がなくなっている細胞を排除対象とする、ナチュラルキラー細胞が活躍するというわけなのです。

この2つの免疫細胞を、人を傷つけた犯人を追う正義の味方だとするなら、細胞傷害性T細胞は返り血を浴びた上着を着ている犯人をやっつけるのですが、ナチュラルキラー細胞は返り血の有無は関係なしに、上着を着ていない犯人らしきやつを全部やっつけるのです。

ちょっと荒っぽい感じもしますが、この機能のお陰で私たちは健康でいられるのです。

自然免疫には菌やウイルスそのものを攻撃するものもある

例えば病原菌による感染が起こった場合、病原菌は細胞にまでは入り込めませんので、上で紹介したような排除方法は取れません。菌そのものを排除しなければいけないのです。

それについては、血液中の炎症物質や化学物質、さらには好中球のような白血球など、さまざまなものが担当します。

免疫機能はさまざまな働きが複雑に絡まり合って、人間の体を防衛しています。ですので、それらを常に活性化しておくことが健康であり続けるための秘訣とも言えるでしょう。

免疫というのはその説明だけで大きなサイトが完成するぐらい幅広く内容も複雑ですが、乳酸菌との関わりをお話するために必要な部分だけを簡単にまとめました。

免疫賦活作用を持つ乳酸菌が入った市販品をみてみよう

乳酸菌の多くは、死菌の菌体成分が小腸にあるリンパ組織のパイエル板と言う部位で免疫細胞に取り込まれ、それが免疫機能を活性化することが知られています。

今回はナチュラルキラー細胞の話題ですので、それを活性化してくれる乳酸菌について見てみます。もちろん、ここで紹介していない菌についても、活性化効果を持つものはあると思いますよ。

ウイルス感染症を抑制するナチュラルキラー細胞

先にもお話した通り、ナチュラルキラー細胞は、がん化した細胞やウイルスに感染した体細胞を取り除きます。がんももちろん避けたい病気ですが、大人から子供まで、ウイルス感染はより身近な病気ですね。

インフルエンザやライノウイルスなど、かぜ症候群を引き起こすものはもちろん、ノロウイルスやロタウイルスのように胃腸炎を引き起こすもの、ヘルペスウイルスのように様々な症状をもたらすものなど、ウイルス感染症は多彩です。

しかし、いずれもがウイルスという生物の細胞に入り込んで増殖するという特徴を持ったものが病原体ですので、感染細胞をいち早く始末することで発病や重症化を避けられます。

ナチュラルキラー細胞を活性化する有名乳酸菌

まずはラクトバチルス属ガッセリー種(通称:ガセリ菌)が挙げられます。ガセリ菌は様々な機能を期待されている乳酸菌ですが、雪印メグミルクのSBT2055株(通称:ガセリ菌SP株)や、タカナシ乳業のTMC0356株でNK細胞の活性化が見られています。

こうしたデータは、菌の特性を知るための研究で見つかったものですから、研究が行われていないからと言って効果がないというわけではありません。それは他の菌についても同じです。

ガセリ菌が含まれているヨーグルトなどは数多く販売されています。ガセリ菌と表示してあるものだけではなく、例えば明治プロビオヨーグルトのLG21乳酸菌やPA-3乳酸菌もガセリ菌の一菌株です。

超有名な乳酸菌にも効果が確認されています。ラクトバチルス属カゼイ種YIT 9029株(通称:乳酸菌シロタ株)は、ヤクルト菌とも呼ばれている、知らない人がいないというレベルの乳酸菌です。

この乳酸菌シロタ株にはナチュラルキラー細胞の活性を上げる力があることが知られています。

順天堂大学医学部の小規模な臨床試験によると、乳酸菌シロタ株を継続して飲用した場合、ナチュラルキラー細胞の活性が上昇し、飲用を止めてもしばらくは上昇が続きますが、やがて元のレベルに下がることが判りました。

臨床試験では3週間ほど連続飲用した場合、6週間目ぐらいまでは活性の上昇が続きますが、そこからはどんどん活性が下がり12週目ぐらいには元に戻るようです。

(参照:菌未来レポート・乳酸菌シロタ株とは|ヤクルト中央研究所)

R-1乳酸菌は最もポピュラーな乳酸菌の一菌株

NK細胞活性を高めることでインフルエンザ予防に役立つとして注目を集め、明治プロビオヨーグルトの中でも一番人気のR-1ですが、この乳酸菌の正式名称はラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種(通称:ブルガリア菌)1073 R-1株です。

▼R-1ヨーグルト
R-1ヨーグルト商品イメージ

つまり、ほとんどどのヨーグルトにも含まれているブルガリア菌の中のひとつの菌株だったというわけです。R-1乳酸菌の免疫賦活作用は、菌が作り出す菌体外多糖によるものだそうですので、菌株が違えば効果も違うかもしれません。

しかし、私たちが普段食べている「普通のヨーグルト」にもそうした効果が期待できる可能性というのは存在しているわけです。そして、このブルガリア菌がどの程度メジャーなのかというのは、三大乳業メーカーのヨーグルトを見比べてみると判ります。

もちろん明治ブルガリアヨーグルトは、その名の通りブルガリア菌が主役です。ブルガリア菌2038株と、ストレプトコッカス属サーモフィルス種(通称:サーモフィルス菌)1131株を使ってヨーグルトを作っています。

▼明治ブルガリアヨーグルト
明治ブルガリアヨーグルト商品イメージ

この2つの菌株を合わせて、明治ではLB81乳酸菌と呼んでいます。このブルガリア菌とサーモフィルス菌という組み合わせは、国際食品規格CODEXにおいては「ヨーグルト」と名乗るために必須の菌です。

一方、雪印メグミルクの恵ヨーグルトはガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株を関与成分としてトクホを取っていますが、ヨーグルトそのものはブルガリア菌とサーモフィルス菌で作っているようですね。

▼恵ヨーグルト
恵ヨーグルト商品イメージ

明治ブルガリアヨーグルトでは乳酸菌数が100gあたり110億個ですが、雪印メグミルク・恵ヨーグルトのガセリ菌とビフィズス菌は合計で15億個です。もちろんこれだけでも日本の発酵乳規格は満たします。

しかし、公式サイトによると、菌数・菌株は未公開ですが、恵ヨーグルトにはブルガリア菌とサーモフィルス菌も使われていると書かれています。

森永乳業のビヒダスヨーグルトも同じで、ビフィドバクテリウム属ロンガム種BB536株(通称:ビフィズス菌BB536)が100g中20億個含まれていますが、ヨーグルト本体はブルガリア菌とサーモフィルス菌で作られているとしています。

▼ビヒダスヨーグルト
ビヒダスヨーグルト商品イメージ

さらに、森永乳業の研究発表から見て、ラクトコッカス属ラクティス種の乳酸菌も、ビフィズス菌の増殖を促進するため共培養されている可能性もありますね。

これらのブルガリア菌に、どの程度R-1乳酸菌と同じナチュラルキラー細胞を活性化する力があるのかは不明ですが、同じブルガリア菌がほとんどのヨーグルトに含まれているというのは嬉しい情報と言えるでしょう。

まだまだ期待できる乳酸菌はある

キリンと小岩井乳業が共同研究で発見した、ラクトコッカス属ラクティス種JCM5805株(通称:プラスマ乳酸菌)は、ナチュラルキラー細胞ではなく、それを活性化する働きを持つプラズマサイトイド樹状細胞を活性化します。

プラズマサイトイド樹状細胞は、免疫機能の司令塔のひとつで、ナチュラルキラー細胞のみならず、細胞傷害性T細胞や獲得免疫のための記録係であるB細胞などを活性化し、免疫伝達物質のインターフェロンの働きを高める免疫細胞です。

ですから、免疫力をアップするという意味ではかなり効果が期待できそうだといえるでしょう。

プラズマ乳酸菌は、殺菌した菌体成分で飲食物に配合されているようですが、小岩井乳業から出ている「カラダへの贈りものプラズマ乳酸菌のむヨーグルト」は、ベースの飲料が発酵乳ですので、生菌の可能性もなくはありません。

▼カラダへの贈りものプラズマ乳酸菌のむヨーグルト
カラダへの贈りものプラズマ乳酸菌のむヨーグルト商品イメージ

それに対して、キリンから出ている「まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト」は、常温保存可能で賞味期限が9か月あるペットボトル飲料です。ですので殺菌菌体成分が配合されていると思われます。

▼まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト
まもるチカラのサプリすっきりヨーグルトテイスト商品イメージ

さらに、協和発酵バイオから発売されている「まもるチカラの乳酸菌 プラズマ乳酸菌サプリ」は、殺菌菌体成分を常在の形に成形したサプリメントです。

▼まもるチカラの乳酸菌 プラズマ乳酸菌サプリ
まもるチカラの乳酸菌プラズマ乳酸菌サプリ商品イメージ

また、ラクトバチルス属ラムノーサス種ATCC 53103株(通称:LGG乳酸菌)は、やはり抗ウイルス効果を持っています。デンマークのクリスチャン・ハンセン社が持っている乳酸菌ですね。

日本ではタカナシ乳業が「おなかにGG」と言うヨーグルトに採用しています。

▼おなかにGG
おなかにGG商品イメージ

調べてみたところ、思ったよりナチュラルキラー細胞の活性化と言う効果を持つ乳酸菌はたくさんありました。感染症予防に普段から摂りたいものですね。

乳酸菌を摂ること自体が免疫力を上げる

このように、特に優れた効果を持つ乳酸菌というのは見つかっていますが、研究機関は学問のために、企業はビジネスのために特に優れた効果を持つ物をアピールします。

しかし、それ以外のものに効果がないというわけではありませんし、むしろ僅差で二番手、三番手になったものもあるかも知れません。

もちろんメーカーが効果を謳っている製品がリーズナブルに購入できればそれに越したことはありませんが、そうでない場合、何も摂らないより、普通のヨーグルトや発酵食品を欠かさず摂ることのほうが健康には有効であることが多いでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る