乳酸菌とは

菌という言葉は、毎日のように見聞きします。ヨーグルトやチーズに入っている、人間のお腹の調子を良くしてくれる菌らしいというイメージは多くの人が持っているでしょう。

とは言うものの、多くの場合そこ止まりで、「じゃあ、乳酸菌って何?」と、中高生ぐらいの子供に訊かれたら、答えられない人がほとんどだと思います。小学校3~4年生ぐらいまでなら「お腹に良い菌だよ」で納得してくれるとは思いますが。

もちろん、生活の上ではそれだけで充分なのですが、このサイトは「もう少し知りたい」という人向けに書いてますので、軽く掘り下げたところから、うんとマニアックなエリアに突っ込んだ話まで、色々な話題を提供したいと思っています。

乳酸菌とは乳酸を作り出す細菌のこと

乳酸菌という固有名を持つ菌はありません。さまざまな細菌の中で、一定の条件を満たしたものを、乳酸菌という名前でひとまとめにして呼んでいるだけです。

まず最も大事な条件は「細菌であること」です。ウイルスでもなければ、カビや麹、キノコのような真菌類でもありません。分類上は真正細菌というドメイン(分類学上の最上位の区分)に属する微生物です。

なお、ウイルスは分類学上、生物として扱われないことも多いですし、カビや麹、キノコなどの真菌類は私たち人間と同じ、真核生物と言うドメインに属しています。一言で言うと、細菌は動物や植物などと全く異なる生き物だと言うことです。

乳酸菌は何種類くらい存在しているのか

さて、乳酸菌というのはどのくらい存在しているのでしょうか。最近では乳酸菌の名前を全面に押し出したヨーグルトも多くて、実にたくさんの乳酸菌があるんだなって思えますよね。

詳しくお話しするととても長くなるので、詳しくは後日、個別の記事でお話しすることにしましょう。

乳酸菌は乳酸を出す菌…つまりどういうこと?

さて、乳酸菌は非常にたくさんの菌のグループであることがわかりましたが、そのグループに入れてもらうためには、どんな条件があるのかを見てゆきましょう。選挙ではなく、一定の条件を満たせば誰でも入れるのです。

まず、当然のことですが「乳酸を出す」ことが絶対に必要ですね。乳酸菌は炭水化物を栄養に利用して、その50%以上に相当する乳酸を出すことが条件とされています。

このエネルギー代謝において、最初のステップでは私たち人間も乳酸菌も、同じ働きでブドウ糖を代謝してゆきます。炭水化物を分解して得られたブドウ糖は、10種類の酵素の働きによって、ピルビン酸という有機酸に変化します。

この代謝経路は酸素を必要としないのも特徴ですね。そして、そのピルビン酸は、私たち人間など酸素を利用する生物ではTCAサイクルへ入って、エネルギーを取り出され、最終的に二酸化炭素と水になります。

一方、乳酸菌では、ピルビン酸は全て乳酸になってしまうか、一部がエタノールなどになってしまうなどの代謝経路を辿ります。この際に、半分以上を乳酸に作り変えられることが乳酸菌の条件です。

老婆心ながら…このサイトでは「酸素」と「酵素」と言う、見た目に似た言葉が同時に出てくることが多いので、よく見てくださいね。読み違えると意味がぜんぜんわからなくなります。

乳酸菌の形や特徴

菌の形としては、棒のような形をした桿菌や、丸っこい形をした球菌のどちらかでないといけません。ねじれた形をしたらせん菌は乳酸菌ではありません。

一方で、球がいくつか繋がった連鎖球菌については、1個だけの球菌と同じように乳酸菌として認められます。

また、細菌を分析する時には、2色に染め分ける「グラム染色」と言うテクニックが使われますが、この技術によって紫色に染まる「グラム陽性」であることも乳酸菌の条件です。

もちろん例外はありますが、赤く染まる「グラム陰性菌」には病原性の高いものが多く、グラム陽性菌は病原性を持たないものが多いですね。

また、環境が悪化した時に一部の細菌が自分の遺伝子を守るために作る「芽胞」と言うものを作る能力はありません。この芽胞は納豆菌が作ることで知られていますね。熱湯で消毒しても納豆菌が死滅しないのはこの能力のおかげです。

近ごろ食中毒菌として注目を集めているウェルシュ菌や、生物兵器に使われる炭疽菌なども芽胞形成能力があります。

さらに、活性酸素を分解するカタラーゼという酵素を持たないことも乳酸菌の条件の一つです。こうして見てみると、環境の悪化に弱い菌だといえるかも知れませんね。

なお、乳酸菌は酸素を使って栄養を代謝できない嫌気性菌ですが、酸素があっても死ぬことはありません。

そして、運動性はありません。乳酸菌は、じっとしている細菌です。これらの条件をすべて満たす細菌が乳酸菌と呼ばれるのです。

けっこう難しい定義がされていますね。でも、基本的には「炭水化物を食べて乳酸をたくさん出す細菌」と言う程度の認識で問題ないでしょう。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る