生菌と死菌のそれぞれの効果。乳酸菌はどちらの方が健康に役立つ?

「生きて腸まで届く乳酸菌」と言うのは、すっかりお約束のキャッチフレーズになったように思います。

これは、一般的な乳酸菌は胃酸の殺菌力で全部死滅してしまうのに対して、ある条件下ではそれをくぐり抜ける可能性がある菌がいることを指しています。

とは言うものの、乳酸菌は生菌ではなく死菌でも充分な健康効果があるのみならず、場合によっては死菌のほうが好ましいというケースもあるのです。

生菌、死菌それぞれ、どのような特性があるのかを見てみましょう。

空腹時に乳酸菌製剤を飲めばどの菌も死滅する

胃の中には胃液があります。胃液には胃酸と呼ばれる塩酸を主成分とする酸が含まれているため、非常に強い酸性になっています。ですので、一部の例外的な菌を除いて空腹時の胃の中で生きて行ける菌はありません。

例外というのは、例えば胃潰瘍の原因菌である、ヘリコバクター属ピロリ種(通称:ピロリ菌)のように、自分の周りだけ胃酸を中和する能力を持っている菌のようなものです。

満腹時にはかなり酸性度が下がる

空腹時の胃の中はpH1.0~1.5くらいの強酸性ですが、食べ物や水分が入って胃液が薄まると、pH3.5~4.0くらいに酸性が弱まります。仮にpH1.5が3.5になったとすると、酸性度を示す水素イオン濃度は1/100になっています。もしpH1.0から4.0になった場合の水素イオン濃度は1/1000になっています。

pH3.5や4.0でも、かなり酸性度は高いので、多くの菌は死滅しますが、乳酸菌のように自分で酸を作り出す菌の一部は、この程度なら耐えられます。

特に規定があるわけではありませんが、おおむねpH3.5より数値が小さい、より酸性度が高い環境でも死滅しない場合、「生きて腸まで届く乳酸菌」と謳っているようですね。

一般に植物性乳酸菌と呼ばれるラクトバチルス属プランタルム種やラクトバチルス属ブレビス種などは、比較的酸に強いため、空腹時でなければ生きたまま胃を通過できるケースが多いようです。

何はともあれ、胃を通過してしまえば、そこからは中性から弱アルカリ性の腸になりますので、菌にとって胃よりはましな環境になります。それでも胆汁酸など、強力な消化液と出会ってしまうと殺菌されてしまうこともあります。

小腸の後半部分まで到達すると、もう殺菌される可能性は少なくなります。そして大腸に入ってしまえば数日間活動して、定着できない菌は便として排泄されます。

その間にも乳酸菌は、普通の糖類やでんぷんの他、オリゴ糖や食物繊維のような難消化性炭水化物を栄養に、乳酸などを作り出して善玉菌の大半を占めるビフィズス菌の生育を助け、毒性物質を作る悪玉菌の繁殖を抑制します。

有胞子性乳酸菌は空腹時の胃酸にも耐える

乳酸菌の定義のひとつに「芽胞(胞子)を作らないこと」と言うものがありますが、他の定義にはすべて当てはまるものの、例外的に芽胞を作るタイプのものがあります。

これは有胞子性乳酸菌と呼ばれますが、種類的にはバチルス属コアギュランス種であることが大半のようです。グリコのビスコに配合されているスポロ乳酸菌や、三菱ケミカルフーズのラクリス-Sなどがこれになります。

この芽胞というものは、細菌の休眠形態で、この形になっている細菌は栄養を摂ったり繁殖したりという生命活動を行えませんが、煮沸消毒や強酸性の環境や抗菌剤にも耐えられる強いスタイルです。

そして、周辺環境が良くなると、そこから発芽して栄養を摂ったり繁殖したりできるような姿に戻ります。つまり、生きて腸まで届くというより、腸で復活する乳酸菌と言ったほうが適切でしょう。

お菓子などに配合されている乳酸菌で、生きて腸まで届くことを売り文句にしているものは、この菌を利用していることが多いようですね。

なお、名前が似ているので混同されがちですが、乳酸桿菌のラクトバチルス属と、一般的な桿菌であるこのバチルス属は全く別のグループに属する菌です。

バチルス属で私たちの生活の中でおなじみなのは、バチルス属サブティリス種ナットウ変種ですね。おなじみの納豆菌です。納豆はもともと煮沸消毒した稲わらに、茹でた大豆を包んで、芽胞から復活した納豆菌によって作られる発酵食品です。

胞子を作らない本来の乳酸菌で、おそらく現在最も酸に強いのは、ラクトバチルス属ガッセリー種OLL2716株(通称:LG21乳酸菌)でしょう。胃に棲みついているピロリ菌をやっつける力を持った乳酸菌です。

生きて腸まで届く乳酸菌、生菌は直接的な腸内環境改善に役立つ

生きて腸まで届く乳酸菌は、生きているので腸の中で乳酸菌としての生命活動を行います。増殖もしますし、エサを食べて代謝産物である乳酸を出し、酸性に弱い悪玉菌の活動を抑制します。

さらには定着している善玉菌のビフィズス菌の成長因子になる物質や、それと共生しているプロピオン酸菌・酪酸菌などのエサになる乳酸を供給するなど、さまざまな働きをします。

生きている乳酸菌は役に立つ物質を作り続ける

乳酸菌はブドウ糖などをエネルギーとして代謝し、その結果乳酸を作り出します。例えば牛乳や母乳に含まれる乳糖はブドウ糖1分子とガラクトース1分子が結びついた二糖類です。

乳酸菌は乳糖を菌体内に取り込むとこれをブドウ糖とガラクトースに分解しますが、ガラクトースをエネルギーとして利用できない菌も割合多くいます。

そうした場合、ガラクトースやエネルギーとして使われなかったブドウ糖などを集めて菌体外に出しますが、その時多糖類として組み立てていることがあります。これを菌体外多糖(エキソポリサッカライド・EPS)と呼びますが、これが人間の役に立つことがあります。

例えば、健康効果が期待されている「カスピ海ヨーグルト」の粘り気は、ラクトコッカス属ラクティス種クレモリス亜種(通称:クレモリス菌)が作り出す菌体外多糖によるものです。

▼カスピ海ヨーグルト
カスピ海ヨーグルト商品イメージ

また、明治プロビオヨーグルトR-1に使われているラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種1073R-1株(通称:R-1乳酸菌)の免疫力アップの効果も、R-1乳酸菌が作り出す菌体外多糖によるものです。

▼明治プロビオヨーグルトR-1
明治プロビオヨーグルトR-1商品イメージ

こうした菌体外多糖は、ヨーグルトとして完成したときにはそれなりの量が作られていますが、乳酸菌が生きている限り作り続けられますし、それは便として排泄されるまでの間、人間の役に立ち続けるのです。

乳酸菌が作る乳酸は大腸のエネルギーになる

腸内細菌は100兆個から1000兆個も棲んでいるといいます。その20%ほどが善玉菌で、ほとんどをビフィズス菌が占めていますので、ビフィズス菌は20兆個から200兆個もいる勘定になります。

それに対して、割合乳酸菌を多く含む乳製品乳酸菌飲料のNewヤクルト1本で、ラクトバチルス属カゼイ種YIT 9029株(通称:乳酸菌シロタ株)が200億個入っています。

▼Newヤクルト
Newヤクルト商品イメージ

つまり、1本飲んでも最大で善玉菌の0.1%が増えるだけです。

ただ、ビフィズス菌は、使ったブドウ糖のぎりぎり半分しか乳酸を作り出さないのに比べると、ラクトバチルス属では、他の物質を作り出すものでももうちょっと効率よく乳酸を作り出しますから、乳酸の量の増加は0.1%以上にはなるでしょう。

この増加した乳酸は、別の菌によって利用され、酪酸を中心とした有機酸に作り変えられます。そして、酪酸は大腸内皮細胞のエネルギー源として利用されますし、その他の有機酸は全身のエネルギー源になるのです。

ですから、生きたまま腸に届く乳酸菌は、そのままではエネルギーとして使えない食物繊維や難消化性オリゴ糖などを、エネルギーとして使える形にしてくれているのです。

食物繊維をカロリーに変えるというと女性の敵のように思われそうですが、そのカロリーは便秘を解消するためのエネルギーとして使われるんですから、女性の心強い味方と言えるでしょう。

死んだ乳酸菌、死菌のほうが有利に働くこともある

乳酸菌は生きていても死んでいても腸内環境を改善する働きはあります。死菌の場合は直接的に腸内環境を改善する力はありませんが、定住しているビフィズス菌の生育に役立つことで間接的に役に立つのです。

その間接的な効果を狙うと、乳酸菌を生かして届けることに気を使わなくていいので、乳酸菌を使った食品に幅が生まれてきます。最近では森永乳業のシールド乳酸菌が、かなり多くの企業に利用されているようです。

死んだ乳酸菌は免疫力アップに有利

乳酸菌が免疫力アップに貢献するのは、主に小腸にあるパイエル板と呼ばれるリンパ組織において、乳酸菌が免疫細胞に取り込まれる時です。この際に役に立つのは乳酸菌の外側を構成している細胞壁と、一番内側にある遺伝子に情報を書き込む役目をしている核酸です。

生きた乳酸菌でも、細胞壁は一番外側にありますから、免疫細胞に取り込まれれば役に立つでしょう。しかし、核酸については未知数です。それに対して死んだ乳酸菌の場合、菌体成分になっていますから核酸もすぐに免疫細胞に取り込まれます。

ですから、免疫力アップに関しては、かえって死んだ乳酸菌のほうが役に立つ可能性があるのです。こうした事情があるからでしょう、免疫力アップを謳う乳酸菌には死菌の菌体成分を利用したものが多いです。

森永乳業のラクトバチルス属パラカゼイ種MCC1849株(通称:シールド乳酸菌M-1)、ニチニチ製薬のエンテロコッカス属フェカリス種FK-23(通称:FK-23乳酸菌)や次の項目で紹介する乳酸菌EC-12などはいずれも免疫賦活効果を謳う、殺菌済み乳酸菌です。

死んだ乳酸菌は生存スペースを意識しなくていい

死んだ乳酸菌の場合、単なる成分になっていますから濃縮が可能です。このことをよく示しているのが、コンビ株式会社が提供しているエンテロコッカス属フェカリス種EC-12株(通称:乳酸菌EC-12)です。

もともとエンテロコッカス属菌は腸球菌という小さくて丸い菌である上、死菌を濃縮してあるので、この乳酸菌EC-12には1gあたり5兆個と言う、驚くべき量の菌体成分が入っています。

死菌になっている場合、意識しなくていいのは加工の際の調理温度もそうですね。焦げたり化学反応で違う物質になったりしない限り、一般的な調理方法では菌体成分が損なわれることはありません。

レトルト食品のような加圧加熱調理を行う食品や、スナック菓子のような油揚げ食品でも、加工温度を意識することなく乳酸菌を配合できるのは大きなメリットです。

乳酸菌飲料の場合常温保存できるのは大きなメリット

乳酸菌飲料の場合、水分が豊富な環境にありますから、フリーズドライのような方法で乳酸菌を休眠させることができません。そのため、過発酵を防ぐため冷蔵保存は必須ですし、賞味期限も1~2週間くらいと短くならざるをえないのです。

それに対して、例えばカルピスのような乳製品乳酸菌飲料(殺菌)の場合、常温保存も可能ですし、半年以上のかなり長い賞味期限を設定することも可能になります。

このことは、例えば防災用備蓄食品の中に乳酸菌飲料を含めることができるなど、乳酸菌利用食品の可能性を大きく広げることができるとも言えるのです。

乳酸菌は「死んでいても効果がある」だけではなく、「死んでいたほうが効果がある」と言う場合もあるんですね。

生菌も死菌も利用できるものはどんどん利用しよう

このように、乳酸菌は生きていても死んでいても役に立ちますから、細かいことは気にしないで、どんどん乳酸菌を摂りましょう。乳酸菌は摂りすぎても便として排泄されるだけです。

もちろんEC-12を菌だけで2kgほど食べれば、1京(1億の1億倍)個になりますから、腸内細菌の10倍にもなりますが、そもそも菌だけで食べたりしませんよね。

また、カルピスやケフィアのように酵母を一緒に利用している場合には、そうした菌の菌体成分だって効果がある可能性もあります。発酵食品・飲料は、どんどん摂って下さいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る