【ラクトバチルス編】乳酸菌の種類別、ヨーグルトの効果

ラクトバチルス属の乳酸菌は、乳酸菌の中で最も数多くの種・亜種を下位に持っています。いろいろ紹介したいのですが、あまりに種類が多すぎて紹介しきれません。

ですので、スーパーなどで手に入れやすいものを中心に紹介していきましょう。

ラクトバチルスのラクトは「乳の」と言う意味です。「ラクトアイス」と言った言葉でもよく目にしますね。そしてバチルスは「桿菌」と言った言葉で、棒状の細菌を指します。

つまり、ラクトバチルスとは「乳酸桿菌」と言う意味だと言って良いでしょう。

ラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種のヨーグルト

ヨーグルトは、原則としてラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種(通称:ブルガリア菌)とストレプトコッカス属サーモフィルス種(通称:サーモフィルス菌)の2種類の乳酸菌で作られています。

そして、それに様々な効果が見つかっている乳酸菌が配合せれているのですが、この基本の組み合わせの中にも特別な効果が見つかっているものもあるのです。一方、ブルガリア菌だけにも人気の菌株があります。

LB81乳酸菌・明治ブルガリアヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト商品イメージ

プレーンヨーグルトの中でも、最も有名な商品の一つがこの明治ブルガリアヨーグルトです。このヨーグルトにはブルガリア菌2038株とサーモフィルス菌1131株の混合乳酸菌であるLB81乳酸菌が使われています。

明治ブルガリアヨーグルトは、LB81乳酸菌を関与成分とし、整腸効果を効果効能として、特定保健用食品の許可を受けています。

また、乳酸菌としての研究では、まず加齢による老化を抑制し、腸の内部を保護している腸管バリアの一つ「抗菌ペプチド」の活性を上げることが判っています。

さらに、LB81乳酸菌は免疫細胞の機能を調整することも見つかっています。腸は消化管であると同時に、人間の免疫機能の半分以上を持っている巨大な免疫組織なのです。

ですから、ここで免疫機能をベストな状態に調整できれば、病気にかかりにくなるだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善にも役立つのではないかと期待されています。

R-1乳酸菌・明治プロビオヨーグルトR-1

インフルエンザ予防に有効だとして一躍人気商品に踊り出た、明治プロビオヨーグルトR-1ですが、実は特定保健用食品や機能性表示食品の許可取得や届出を行っていません。

このヨーグルトに配合されたブルガリア菌OLL1073R-1株(通称:R-1乳酸菌)に優れた機能が見つかっているのです。

細菌の多くは、細胞外多糖(エキソポリサッカライド)と呼ばれる高分子物質を作り出し、自分自身が生きやすい環境を作りますが、乳酸菌の細胞外多糖の一部は人間にとって役立つものがあります。

R-1乳酸菌が作り出す細胞外多糖は、人の免疫バランスを改善し、ナチュラルキラー細胞を活性化させることで、風邪の予防に役立ったという研究結果が発表されています。

この基本的な2つの乳酸菌の組み合わせで、機能性が判っている物はLB81乳酸菌しか見当たりませんでした。一方、この片割れのブルガリア菌だけでもR-1乳酸菌のような機能性が見つかっているのです。

ラクトバチルス属ラムノーサス種のヨーグルト

ブルガリア菌と同じラクトバチルス属に分類されるラムノーサス種は、割合広い範囲の効果が期待できるのではないかとして、さまざまな研究が進められています。

まだ商品化されていないものを一つ紹介すると、動物実験で、関節リウマチの動物モデルである、コラーゲン誘導関節炎を起こさせたマウスに、ラムノーサス種KL37株の乳酸菌を与えたところ、症状が改善したという報告があります。

実用化にはまだ時間がかかるかもしれませんが、こうした機能性も期待されている乳酸菌なのです。

LGG乳酸菌・タカナシ「おなかへGG!」ヨーグルト

おなかへGG商品イメージ

乳酸菌を関与成分とした特定保健用食品第1号の商品はこれでした。世界中で最も研究されていると言われるLGG乳酸菌は、ラクトバチルス属ラムノーサス種GG株というのが正式名称です。

特定保健用食品の関与成分としては、お腹の調子を整えるという機能しか謳われていません。しかし、2017年1月現在、世界中で1000報以上の研究論文が発表されているので実にさまざまな効果が報告されています。

例えば、妊娠中のお母さんがこれを摂ることで、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎発症を抑制したという報告や、子供のロタウイルス感染を抑制したという報告もあります。

また、動物実験ですが、マウスに対してH1N1インフルエンザウイルス感染を抑制したという報告もあります。

L8020乳酸菌・らくれん8020ヨーグルト

らくれん8020ヨーグルト商品イメージ

L8020乳酸菌は、ラクトバチルスのLに、80歳で乳歯と同じ本数の20本は自分の歯を維持しようという歯科キャンペーンから採用された名前です。

正式にはラクトバチルス属ラムノーサス種K03株と言う名前を持っています。この乳酸菌は驚くべきことに人の口の中から分離された乳酸菌なのです。虫歯になったことのない、健康な子供から発見されました。

ヒト由来の乳酸菌と言えば、普通は腸や便から分離されるのが普通なのに、ちょっと驚きですね。

この乳酸菌は、歯周病菌・虫歯菌・カンジダ菌を抑制することが確認されています。今のところ、歯周病菌と虫歯菌は合わせて5種類に有効であることが確認できているのです。

なんとなく「善玉菌だから当然だろう」と流してしまいそうになるんですが、実はこれ非常に大きな発見なのです。皆さんは虫歯菌といえばミュータンス菌と言う知識をお持ちだと思います。

虫歯の原因ミュータンス菌の本名は、ストレプトコッカス属ミュータンス種です。この属名、上の方で出てきましたね。そう、サーモフィルス菌と同じ属なのです。

そして、この菌は細胞外多糖を作り出して歯に貼り付き、歯垢を作ります。さらに、その中で乳酸を出して歯の表面を溶かすのです。つまり、虫歯菌とは悪玉乳酸菌と言ってもいいのです。

ですから、乳酸菌の作り出す酸性環境は虫歯菌にとっても居心地がいいはずなのに、それをヨーグルトを作れる乳酸菌でやっつけられるというのは、実に画期的なことなのです。

乳酸菌を持って乳酸菌を制するの計といえば、なんだか大昔の軍師が考えそうな感じで、ちょっとカッコいいと思いませんか。

ラクトバチルス属ガッセリー種のヨーグルト

いわゆる「ガセリ菌」というのがこの乳酸菌です。ガセリ菌の名前が前面に出ていなくても、意外とこの乳酸菌はよく利用されています。

それは、菌株ごとに様々な機能を持つことがみつかる「個性派ぞろい」の菌といえるような性格を持っているからです。

ガセリ菌LAC-343・森永LAC-343末

個性派揃いということで、まずはプロ向けの情報です。一般消費者の方はごめんなさい。最小ロットは、個人で買える量ではないと思います。機能も腸内環境の改善だけしか示されていません。

この商品は、人の腸に棲んでいるラクトバチルス属ガッセリー種LAC-343株を、1gあたり500億個含んだ乳酸菌末です。メーカーは健康補助食品のほか、サンドイッチスプレッドやチョコレートなどへの使用を例示しています。

また、森永のビフィズス菌BB536と一緒に使うと効果的だともしていますね。食品メーカーにお勤めの方で、気になった人は、森永乳業に直接問い合わせて下さい。

ガセリ菌SP株・雪印メグミルク 恵ガセリ菌SP株ヨーグルト

メグミルク恵ガセリ菌SP株ヨーグルト商品イメージ

雪印メグミルクの恵ガセリ菌SP株ヨーグルトは、整腸作用以外の機能が表示された、珍しい機能性表示食品のヨーグルトです。乳酸菌の本名はラクトバチルス属ガッセリー種SBT2055株です。

この菌は人間由来であるだけでなく、食べ物から摂ることで、人の小腸に定着することが確認されています。そして、この菌は内臓脂肪を減らしてくれるという、大変良い効果を持っています。

表題の商品では、この乳酸菌が中心ですが、他の商品ではビフィズス菌SP株と一緒に配合されています。これはこの菌が小腸に棲みつくことから、大腸に棲みつくビフィズス菌との相乗効果を狙っていると思われます。

LG21乳酸菌・明治プロビオヨーグルトLG21

明治プロビオヨーグルトLG21商品イメージ

この乳酸菌も、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリを抑制する作用が知られています。胃酸による強い酸性の中でも生き残るピロリ菌をやっつける能力を持っているので、非常に注目されていますね。

この菌の本名は、ラクトバチルス属ガッセリー種OLL2716株です。この乳酸菌は酸に強いだけでなく、ピロリ菌と同じように胃壁へ接着する力を持っているのです。

そのため、ピロリ菌のそばで活動することによって、ピロリ菌が増えにくくなるのです。この菌を投与して、ピロリ菌の除菌治療を行うと、成功率が10%ほどアップしたという実績もあります。

ピロリ菌の除菌治療には抗生物質を使いますから、できれば1回の除菌でやっつけたいですよね。その成功率を挙げてくれるのはありがたいです。

もちろん、胃酸に耐えてピロリ菌をやっつけられるのですから、その後も生きて腸まで届くことは言うまでもありません。

PA-3乳酸菌・明治プロビオヨーグルトPA-3

明治プロビオヨーグルトPA-3商品イメージ

本名もラクトバチルス属ガッセリー種PA-3株であるこの乳酸菌は、中年男性の恐怖の的、痛風を引き起こすプリン体を減らしてくれる乳酸菌です。

では、どうやって乳酸菌がプリン体を減らしてくれるのでしょう。それは簡単です。この乳酸菌はプリン体を自分のエネルギー源として消費してしまう力があるからです。

要するに、プリン体が尿酸になって結晶化する前に、乳酸菌がプリン体を食べちゃうというわけです。

プレミアガセリ菌CP2305・カルピス 届く強さの乳酸菌

この乳酸菌はラクトバチルス属ガッセリー種CP2305株ですが、サプリメントで使われるときはC-23乳酸菌という商品名になっています。これは、この飲料のほうが機能性表示食品の届け出を行っていることと関係していると思われます。

もちろん乳酸菌ですから整腸効果があるのはもちろんですが、脳腸相関を通じて、ストレスに強くなれるという嬉しい効果があるのです。

常温保存できるというのは、乳酸菌飲料として大きなメリットですね。

ガセリ菌は割合たくさんの種類があります。海外でも、ヨーグルトにガセリ菌を追加する例は結構あると聞きます。

ヨーグルトを食べていれば嫌でもラクトバチルス属は摂れる

基本的に「ヨーグルト」と呼ばれるものを食べていれば、ブルガリア菌を中心に乳酸桿菌はほぼ確実に摂れます。例外はカスピ海ヨーグルトですね。あれには乳酸球菌や酢酸菌の系統しか入っていません。

ですので、カスピ海ヨーグルトの効果を期待して常食するとしても、たまには普通のヨーグルトも追加したほうが、さらに良い効果が期待できるでしょう。

なお、ケフィアにはカスピ海ヨーグルトと同じように乳酸球菌であるクレモリス菌が含まれていますが、乳酸桿菌や酵母も入っていますので、いろいろ摂りたい時には良いかも知れません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る